新着情報

2022年06月16日 お知らせ

館内の様子をご紹介いたします!

記事画像1

雲仙宮崎旅館オフィシャルブログを更新致しました!

ブログタイトル
館内の様子をご紹介いたします!
https://plaza.rakuten.co.jp/miyazakiryokan/diary/202206160000/

※写真付きのブログをご覧いただけます


------------------------------------------------------------------

こんにちは。雲仙宮崎旅館です。
雲仙宮崎旅館がある長崎県でも、梅雨入りの発表がありました。
ジメジメとした日が続いておりますが、先日、ちょっぴりワクワクする出来事がありましたよ。

それは・・・
現在、建て替え中の雲仙宮崎旅館の館内に、撮影で入らせていただきました。
動画も撮っておりますので、こちらも是非ご覧ください。


現在は、躯体工事が終了し、仕上げ工事に入っておりました。

中に入りますと、まず目に目を引くのが天井。
高さがあり、写真ではわかりにくのですが、緩やかにカーブしております。

どのような天井に仕上がるのか、今からとても楽しみです。

日本庭園側は、以前と同様、全面ガラス窓になっております。


春のミヤマキリシマ、夏の新緑、秋の紅葉、そして冬の雪景色。
一面に、周囲の山々を借景とした日本庭園を眺められる、雲仙宮崎旅館ならではの作りですね。

そしてこちらが、売店。

この辺りだけ、壁が上品な淡いクリーム色で塗られておりました。
以前の売店よりは、少し狭くなりそうです。

奥に進みますと、旅館の醍醐味の一つである温泉がありました。

これ以上は中に入れませんでしたが、建物から少しだけ離れてあり、今までの雰囲気とは少し異なりそうですね。

入口側に戻りますと、一番道道路側にカフェスペースがありました。
まだ詳細はお伝えできませんが、地獄散策の後、余韻を楽しみながらカフェで一休みするのも良さそうですね。

さて、階段を登り2階に参りましょう。
2階は客室になっております。

目の前に雲仙地獄を眺められる、お部屋。
お部屋の中で、のんびりくつろぎながら雲仙らしい景色をお楽しみいただけます。

さらに上の階に上がり、最上階の4階。
こちらは、特別室と専用のラウンジができるようです。

広々とした特別室からは、大叫喚地獄の迫力ある白煙をお楽しみいただけるようです。

外からではわからなかった内部ですが、少しずつ完成に近づいてきておりました。
新しい雲仙宮崎旅館の完成が、とても待ち遠しいです。
完成までもう少しかかりますが、お楽しみにお待ちくださいませ。

雲仙宮崎旅館


« 前の記事へ |« 一覧ページへ戻る次の記事へ »

雲仙宮崎旅館 おもてなし文化

  • 3. Hospitality

雲仙の自然を借景に、 四季折々の美しさを 伝える日本庭園。

hospitality