新着情報

2019年06月05日 お知らせ

ヤマボウシ開花情報(第1号)

記事画像1

【★ 雲仙宮崎旅館からお知らせ ★】

雲仙宮崎旅館オフィシャルブログを更新致しました!

ブログタイトル
ヤマボウシ開花情報(第1号)

※写真付きのブログをご覧いただけます。
https://plaza.rakuten.co.jp/miyazakiryokan/diary/201906050000/

--------------------------------------------------------------

こんにちは!雲仙宮崎旅館のキヌです。
ミヤマキリシマ(ツツジ)の見ごろが終わり、現在、雲仙では
ミズキ科の白いお花”ヤマボウシ”が開花しはじめました!

ヤマボウシ(山法師)とは、ヤマグワの別名を持ち、ミズキ科の落葉亜高木。
初夏に国立公園雲仙の山々を白く染める代表的なお花です。
例年6月中旬から7月上旬に、小さな花が20~30個集まった球状の頭状花序を作ります。
白い花弁のように見えるのは、4枚の「総苞片」です。
※総苞片とは・・・花序全体の基部を包む苞を総苞といい、個々の総苞を総苞片といいます。

そして、雲仙お山の情報館より、ヤマボウシ開花情報(第1号)が届きましたので、お知らせいたします。

ヤマボウシ群落地    観察地    開花状況   見頃予想
●絹 笠 山      絹笠山山頂  色づき始め  6月10日頃~
●池の原周辺      池の原    色づき始め  6月10日頃~
 (国道389号線沿い)
●吹   越      吹 越    色づき始め  6月10日頃~
 (国道389号線沿い谷間)
●妙見岳・国見岳北側  第2吹越   色づき始め  6月10日頃~
●九千部岳南側     吹 越    色づき始め  6月10日頃~
●田代原・吾妻岳山腹  田代原    色づき始め  6月10日頃~

開花状況:色づき始め→ほぼ見頃→見頃→色あせ始め→終わり
※見頃は、天候や気温により幾分ずれる場合があります。

◎国立公園雲仙では、ヤマボウシの花が咲き始め、徐々に白く色づいています。
今後の開花状況は、天候等(特に雨)により大きく変化します。


春のミヤマキリシマもとってもおススメですが、私が個人的におススメしたいのがこの「ヤマボウシ」。
とっても上品でエレガントな雰囲気があるヤマボウシは、見ているだけで癒されますね。

ちなみにこのヤマボウシは、少し高い木に上を向いてお花が咲くので、近くで見るより、少し離れた所から見るのがおススメです。

是非、初夏の雲仙に咲く花「ヤマボウシ」を楽しみに、雲仙へ遊びに来ませんか?

雲仙宮崎旅館 キヌ

« 前の記事へ« 一覧ページへ戻る次の記事へ »

雲仙宮崎旅館 おもてなし文化

  • 3. Hospitality

雲仙の自然を借景に、 四季折々の美しさを 伝える日本庭園。

hospitality