新着情報

2018年10月19日 お知らせ

国立公園雲仙紅葉情報(第2号)

記事画像1

こんにちは!雲仙宮崎旅館のキヌです。

毎朝、島原方面から雲仙へ登ってくるのですが、
雲仙道の木々も、色づき始めてきました。
緑と黄、赤が混ざり合う、シーズンには少し早いこの時期の紅葉が、
私の一番のお気に入りの季節です。

さて、雲仙お山の情報館より国立公園雲仙紅葉情報の第2号が届きましたので、お知らせいたします。

国立公園雲仙紅葉情報(第2号)

10月19日現在の紅葉情報

普賢岳・鬼人谷 一部見頃 10月下旬から11月上旬にかけて

妙見岳・仁田峠周辺 色づき始め 10月下旬から11月上旬にかけて

絹笠山・矢岳・雲仙温泉街周辺 色づき始め 11月上旬から11月下旬にかけて

※ツリバナやシロドウダンなど、一部の植物では色づき始めています。
※見頃予想は平年並みになりそうですが、今後の気温によって変化すると思われます。

〈雲仙の紅葉〉
雲仙の紅葉は、天然記念物に指定されている「普賢岳紅葉樹林」(普賢岳や妙見岳一帯)が10月下旬から見頃を迎え、その後徐々に標高が低い所へ移っていき、雲仙の温泉街周辺では11月中・下旬まで楽しむことができます。

紅葉が色づき始めるのは、日最低気温が8℃以下で、5℃以下になると一気に進むとされています。
美しい紅葉が見られる条件としては、昼夜の温度差が大きく、葉が痛んでいないこと、紫外線を十分に受けることなどとされています。

« 前の記事へ« 一覧ページへ戻る次の記事へ »

雲仙宮崎旅館 おもてなし文化

  • 3. Hospitality

雲仙の自然を借景に、 四季折々の美しさを 伝える日本庭園。

hospitality